バナー

夜行バスでのスキーツアー 注意できること

スキーツアーに参加するとき、バスの中の雰囲気はどんな感じなのか、どんなことに気をつけることができるでしょうか。


まずバスによってトイレが完備されているものとそうではないものがあります。

完備されていない場合、休憩でインターチェンジのトイレによってくれますが、自分一人の要望でインターチェンジにはよってくれませんので、バスに乗る前はできるだけ水分を取らないようにする方が賢明でしょう。
さらにスキー上に近くなればなるほど気温も下がってきますし、必ずしも車内の温度が適温であるとは限らないので一枚多めに服を着ていくなら温度調整をしやすいでしょう。また夜間長時間座っていないといけませんので、脚がむくんできます。



それで車内用のスリッパを持参することをオススメしたいと思います。

さらに脚がむくみますのでタイトなズボンやジーンズを履いていくと圧迫されているように感じストレスになりますので、ゆとりのあるズボンを履くようにしましょう。

スキーツアーといえば人気沸騰中のこちらがオススメです。

夜間スキー場に到着するまで少しでも体力を温存するための状況を作ることも大切です。特にバスのエンジンや周りの人のイビキなどの騒音対策としてノイズキャンセル付ヘッドホンや耳栓を持参するとリラックスできると思います。

スノーボード - Wikipedia

また長時間同じ姿勢になるので腰枕や首枕も用意しておくと仮眠を取ることができるでしょう。そのようにしてバスの中での時間を少しでもストレスの少ないものにできるかどうかによってもスキーツアーを楽しくできるかどうかが決まってきます。