バナー

家具購入時に気を付ける事

家具に限らず、物を買う時は欲しい気持ちが先に立ってしまい、購入した後で失敗に気付く事が多くあります。

家具の場合は通販もとても充実していて、カタログを見ているだけで楽しい気持ちになるので、本当に必要な情報は見逃してしまいがちです。


家具の購入の際は、必ずサイズの問題をクリア出来ているかを確認してから購入しましょう。
比較的購入頻度の高い、小さな家具や組み立て式の際にはサイズによる失敗が少ない為、さらに見落としてしまいがちなのですが、自宅の玄関と各部屋のドア、また階段が通るかどうか、そしてエレベーターに載るサイズかどうかを、必ず先に調べておく事が重要です。
実際に購入した物が来てから入らないとなると、返品が出来なかったり追加料金を取られたり、必要以上に作業に時間がかかってしまう等デメリットしかありませんので、多少時間がかかっても、どのくらいのサイズか、組み立て式かそうでないかは必ず調べておく必要があります。
可能であれば高さも調べておくと、通る際に縦や斜めにすれば通る事がある為役に立ちます。
また以前買った家具と同じ高さの物にする事で、後は幅と奥行きを気にするだけで良くなりますし、バラバラの高さの物を置くよりも部屋を広く見せるメリットもあります。

会社によっては、家に届けてくれた人が組み立ててくれるサービスもありますのでそれも調べてみて下さい。
このサービスは設置の際に出た段ボール等のゴミを持って帰って貰えるメリットもあります。
日本人の家はウサギ小屋。そういわれた時期がありました。

現在も多くのおうちは欧米に比べるとずっと狭いものです。けれど住めば都、快適に過ごす工夫があちこちにされているもの。そのもっとも重要なものは家具類でしょう。
狭いお部屋をより狭く見せてしまうのは所せましと置かれたタンスや引き出し、鏡台などなのです。


お手軽にスタンド灰皿のことならこちらのサイトをご覧ください。

またこれら家具類がないと部屋にモノがあふれ、ごちゃごちゃと汚らしく見えます。



そこで最近のマンションやアパートでは備え付けのクローゼットやちょっとした収納部屋になるロフトなどがついているものもあります。


また日本家屋本来の収納場所である押入れを上手に活用し、部屋を広く見せている人も。

それでもやはり家具は必要。


洋服や雑多なものはそれらに収納できても、手元で使うものや毎日使用するものはどうしても身の回りにおいておくからです。

だからこそ、家具は重要なアイテム。

スタンド灰皿情報が揃っています。

上手に使うことによって、狭い部屋も広く見せることができるのです。

まずはあまり高さのない物を選ぶこと。




地震対策にもなりますが、高さのあるようなタンスですとどうしても圧迫感があります。また高さのないものなら窓においても日の光を遮ることはないので、明るく開放感を保てます。



もう一つ重要なのは全体に統一感を持たせること。

例えばスケルトン系でまとめるのならすべてのものをその形で、白い色にこだわるなら白い色の物で統一する。

特に色目は大事で、いくつかお部屋の基本の色を決め、カーテンやじゅうたんなどのファブリックと色を合わせることでお部屋が落ち着いて見え、ぐっと引き締まり広く見えます。
決して高い家具を購入する必要はありませんが、この2つにポイントを置くだけでぐっとお部屋が素敵に見えるようになりますよ。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1250405092
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201606/CK2016060202000162.html
https://4meee.com/articles/view/878372