スーパーフードについて

subpage01

スーパーフードとは、本来は抗酸化作用が高いものや、老化や生活習慣病の予防によいものであったり、がんのリスクを遠ざけるもので、栄養分を豊富に含んでいるのにも関わらず、低カロリーである食品のことを指していました。

生スピルリナがさらに話題になりそうです。

しかし近年では、スピルリナやカカオ、ココナッツ、クコの実、チアシード、ヘンプ、カムカム、アサイー、ブロッコリースプラウト、ビーポーレン、マキベリー、キヌア、タイガーナッツ、ブラッククミンシード、アマニ、ワイルドライスなどがあげられます。
昔からあったものですが、日本では海外のモデルやセレブから人気に火がつきました。

goo ニュースに関連した情報が掲載されています。

その火付け役となったのは、チアシードが始まりです。


現在では健康食品、健康補助食品として考えられるようなものがスーパーフードと言われています。現在のスーパーフードは、栄養面ですぐれているというだけではなく、美容にいいと言われているものが多く、美容に気を使う人が時代と共に増えてきていることが分かります。しかしいくら栄養や成分が優れているものであっても、それだけを摂取していればいいというわけではありません。
日々の食生活をしっかりと見直した上で、自分にあったスーパーフードをバランスよく取り入れることによって、その作用はさらに発揮されるようになります。

またひとつのスーパーフードだけでなく、数種類のものをバランスよく取り入れ、目的にあったもので足りないものを補い、日々の健康と美容を手に入れましょう。